画像コピー禁止

2018年11月3日土曜日

【そうだ!弥陀ヶ原へ行こう★その九】雪景色のカルデラと弥陀ヶ原木道の状況

本日も快晴の室堂から高原バスで15分
現在の弥陀ヶ原の様子をご報告いたします!

弥陀ヶ原湿原から眺める大日岳にも雪が積もり始めました。


弥陀ヶ原駅から国民宿舎天望立山荘(11月3日営業終了)へ進むと、建物正面にカルデラへの登り口があります。

室堂~美女平行きの下りバス側の停留所奥です。

立山カルデラへはわかりやすい看板があります。

カルデラ展望台までは、しっかり雪道が作ってあるので迷うことはありません。 

オオシラビソにも雪が積もって
早くもクリスマス感満載!

青空に針葉樹の濃い緑と白い雪が美しいです。

強い太陽の光で解けた雪が雨のような音をたて、時折枝につもった雪が滑り落ちる音がします。

枝に積もった雪も太陽の光でどんどん解けていました。


ザラ峠をみあげて。

カルデラの向こうに見える薬師岳にも雪が積もっています。

カルデラ展望台すぐ手前の坂道は、樹木の陰になるため、道が凍っていました。気温が低い日や、早朝、夕方に散策される場合は滑り易いのでお気をつけください。

日陰エリアは解けた雪が氷になっていました。


弥陀ヶ原湿原の木道の様子も見てまいりました。

ホテル左側から木道へと向かいますが、ホテルの脇を通る際は、屋根に積もった雪が滑り落ちてくるので、頭上に注意してください。

ホテルを正面に木道は左側奥へ。

ホテル横は安全に歩けるエリアをマークしてくださっていますので
必ず指定の場所を歩くようにして下さい。

木道は、現在雪をかぶった状態でした。朝晩は凍結して大変滑りやすくなるので散策はあまりお勧めできません。気温が上がり、雪が柔らかくなる日中であれば歩きやすいと思います。


木道入り口には注意書きもあります!
滑らないよう足元には十分気をつけてくださいね。

木道は完全に雪に埋もれており、
すれ違う際にも注意が必要でした。

秋が過ぎ、冬になり、雪景色の弥陀ヶ原湿原、今日の空の色は水色です。遠くに富山平野も富山湾も見えていました。

円錐型の大辻山の向こうに富山平野が見えています。



鍬崎山もこのとおりくっきり見えています。

すっかり雪景色の弥陀ヶ原湿原

入り口から先へ行くと木道は2本になります。
木道の間や脇に踏み外さないよう気をつけてください。

ホテル前には除雪車 熊太郎四代目と五台目がスタンバイしていました!

熊太郎の佇まい・・・



高原バス「弥陀ヶ原駅」での下車が可能なのは11月10日までです。

これまで立ち寄りでも、レストランやロビーラウンジの利用が出来ていた弥陀ヶ原ホテルの営業は11月4日までです。

4日以降10日までの間はお手洗い、コインロッカーは弥陀ヶ原駅舎でご利用が可能です。

最後に去年の11月3日の弥陀ヶ原をシェアします!




Seedless ✨(シードレス)

ブログランキング

にほんブログ村 アウトドアブログ 女性登山者・山ガールへ
ポチっとしていただけると励みになります!

立山黒部アルペンルート オフィシャルサイトへ