画像コピー禁止

2018年4月22日日曜日

恒例★富山大学積雪調査はじまりました!



22日も快晴の室堂平


この時期、恒例となりました

☃富山大学 理学部 の積雪調査☃

今年も始まっております!!


昨日から6メートルほど掘り進んでいるそう

アルペンルートで最も標高の高い室堂平(2450m)
で行われる積雪調査は、昭和48年に富山大学の
川田邦夫先生が最初の調査を行われて以来、
恒例となっている調査です。

何のための調査で何が分かるの?ですが・・・
「水の起源や大気汚染の状況を調べるため」です。

ポイント>
山岳域の雨・雪は、地下水・河川水の元
         ↓
日本海沿岸は冬に、北西季節風が強くなり
 アジア大陸から色々な物質が飛来
         ↓
標高の高い山岳域(立山など!)は気温が低く
 春まで積雪が残り、中の化学成分が保存される
         ↓
冬の降水履歴を読み取る事ができる!!

立山という場所だからこそ可能な調査なのですね!


今年も、約50名の大学生の皆さんが、
ボランティアで集い、雪を掘り、
サンプルを採取していかれます。

今朝も、大気物理学の青木一真教授と共に
皆さん朝8時から活動されていました!
山を愛する青木教授

富山大学地球科学科に集まる生徒さんたちは
県外からの方が7割以上で、卒業後は気象庁などで
お仕事をされる方も多いとか。

午後からは
雪氷物理学の
島田 亙准教授の
降雪結晶によるレクチャーがありました。

さまざまな雪の結晶とそれらがどのような
状況下で作られるかについて資料をみながら
解説を受けます。

今年の大谷を見ていて、氷のような層が
多くあるように感じていました。
これは氷板と呼ばれ、積もった雪に
水(雨)が浸み込んだ際、柔らかい雪の部分に
スポンジのように吸収され凍った部分だそうです。


浄土山をバックにレクチャーする島田先生

ルーペとスケールで実際に雪を観察してみます


レクチャーの後は、いよいよ積雪計測が始まります。

梯子が運び込まれ設置される様子

今年の積雪は6メートル58センチ!!
島田先生が梯子を降りながら積雪の層を
特定していきます。

積雪の層を特定する島田先生



山をこよなく愛する青木教授は、
「山は綺麗だが、危険もある。
気をつけて皆さんに山を楽しんでほしい。」
とコメントくださいました。

青木教授の研究室Websiteで昨年の調査について
詳しく分かりますよ!

おまけ:本日の雷鳥さん画像です

世界有数の積雪量を誇りながら、
夏には、ほとんどの雪が溶ける立山。
その立地を活かし、生きた研究が可能となる
富山大学理学部生物圏環境科学科

これから同じ分野を目指す学生の皆さんは
是非富山大学を目指してみられては?


Seedless(シードレス)

2018年4月21日土曜日

快晴の週末♪ & 一の越へ

室堂は快晴の日が続いています☀
良いお天気&週末ということもあり、早朝からたくさんのお客様に
お越しいただいております。

『立山・雪の大谷ウォーク』は、9時30分よりスタートしますので、
そのお時間より早く室堂に到着される場合は、先に室堂平、みくりが池周辺の散策、
自然保護センターの見学などがオススメです。
遊歩道はまだ雪の下ですが、晴れている日は雪が緩んで歩きやすくなっています。
朝ごはん中の雷鳥に会えるかもしれませんよ~♪


みくりが池が少しずつ、とけ始めています。
今季初☆雷鳥!どうやら朝ごはんの時間のようです。
雪の中に首を突っ込んで、ゴソゴソ…。
何かごちそうがあるのかな?
人がたくさんいるところに、雷鳥あり!
「雷鳥を見たい!」という方は、まずはみくりが池周辺で
人だかりのあるところをチェックしてみて下さいね。

* * * * *

先日、19日はお休みだったので、雪山登山のリハビリがてら、
一の越まで行ってきました。
風もあまり強くなく、日差しポカポカの登山日和。
しかしまだまだ雪山ですので、雪山装備&登山届の提出をお忘れなく!
(以下、撮影日:4月19日)

19日も快晴。
あちらこちらに、自然発生の表層雪崩がたくさん見られます。

↑雪崩の破断面。15cmくらい表面の雪が
雪崩れているのがわかります。
あともうちょっとで一の越。
後ろに広がる室堂方面の景色を振り返りながら…
一の越に到着!
一の越山荘は、4月28(土)から営業開始です。

この日は黄砂が飛んでいたのでしょうか?
霞んでいて、遠くの山はあまり望めませんでした。。。


立山、雄山山頂からは、たくさんの『日本百名山』が見えるとのこと。
今シーズンは、どれだけ百名山が見えるのか、
山座同定にもチャレンジしたいです!


れいり

2018年4月20日金曜日

黒部湖から雪がなくなるまであと少し!

本日は、現在の黒部ダム周辺の様子をご案内!!
室堂駅~黒部湖駅までトロリーバス、ロープウェイ、
ケーブルカーを乗り継いで約1時間。
この乗り物については、また後日乗り物シリーズに登場しますので乞うご期待!!

そして黒部湖駅から黒部ダム駅へは、えん堤の上を歩き約10分。
黒部ダム周辺の散策は、1時間程お時間みて頂くのが良いと思います。
えん堤を歩き始めて早速飛び込んでくる光景がこちら!!!!


なんとこの湖、遊覧船で周れちゃうんです!!
期間は6/1~11/10。詳しくは下記をご覧下さい。
黒部ダム湖上遊覧船ガルベ

黒部ダム駅にはダムを眺める3大スポットがあるのですが、
現在行けるのはダム展望台のみ。
除雪作業等があり、現在は外階段からは行けないので
黒部ダム駅の中から、「ダムダムくんのさんぽみち」を通って行くことに。

NHK「ブラタモリ」の番組内でタモリさんも歩かれた階段です!

長い階段(220段!!)を昇り終えると、疲れも吹き飛ぶ素晴らしい景色が
目の前に!!




こちらは、黒部ダム駅側から奥には真っ白な立山が見えます。

放水はまだ始まってませんが、想像するだけでも凄い!
黒部ダム放水期間は6/26~10/15となっております。
黒部ダム観光放水

ちなみに下の写真右上に見えるのがダム展望台で、なんと標高1508m!

まだまだ見所満載の黒部ダム、ぜひ事前に下記のサイトから
情報をチェックしてお越しくださいませ。
黒部ダムオフィシャルサイト

しおみん

2018年4月19日木曜日

【乗り物シリーズ① 】高原バス と 弥陀ヶ原の夕日

今日の室堂は朝から快晴です☀


アルペンルートでは、色々な乗り物を
乗り継ぎ移動しますので、
それら乗り物についてシリーズでご紹介いたします!

本日紹介するのは、富山県側からお越しの際に
美女平=室堂間で乗っていただく「高原バス」です😊

現在活躍中の高原バスは
5種類!!
もあることを皆さまご存知でしたでしょうか?

保有されているバス台数は34台で
うち1台は称名線バスとして稼働のため
残り33台が高原バスとして稼働中です。

まずは今年新たにメンバーに加わった
クリーンディーゼルバス!

というわけで、昨日のBlog山じいクイズの答えは
「赤」
です!



🚌高原バス🚌 今年のニューフェイスです!
席数 49 + ガイド席1 の50人乗り

気になる車内もご紹介しましょう・・・
 
シートの色がこれまでと少し違います!
車内も新車の香りがします・・・☆

そして、これまでも活躍中だった、
こちらのクリーンディーゼルバス!
2015年以降毎年3台ずつ導入されてきました。

ディーゼルバスなのに排出ガス問題にもリーチ!

ターボチャージャーとの組合せで、低回転から
力強いトルクを発生させることができます。

上り坂のある高原バス道路では、
従来のハイブリッドエンジンより有利だそう。

充電用バッテリー搭載不要のため、
車重が軽く、トランクルームも広くなる優秀さ。。。

45席+ガイド席1の車椅子対応 46人乗りが2台
49席+ガイド席1の50人乗りが10台あります!


2012年から2014年にかけて導入された
かわいらしい🌸花模様🌼のバス!
こちらはハイブリットバスです。

お花柄の通称「花バス」
45名乗りで9台あります!


続いてこちらの2台は先輩バスです。

今後はクリーンディーゼル車に移行するため、
台数が年々減って来ているハイブリッドバスです。
(現在丁度半々くらいだそう)

いずれはいなくなってしまうバスなので、
これに乗れたらラッキーかも♪

画像は2つありますが・・・
違い、わかりますか??
(答えは最後に!)

44席 + 8補助席 の52人乗り
上のバスは2台のレアもの
下のバスは11台あります!


最後にご紹介するのはE-SORAパノラマバス!

座席の上天井部分が強化ガラス張りに改造されたバスです。

「雪の大谷」時期は迫力の雪壁を
車内からご覧いただけます。

現在はランダム運行中ですので
乗れたらこちらもラッキー!

5月1日~10月31日の間は定期運行します。

ご乗車希望の方は予約もできます!
ご予約はこちらから!




これなら「雪の大谷」もバッチリ見えますね!



数字データが大好きなみなさまへもう一つ情報を!
バスナンバーには法則があるのです...

現在一番古いバスナンバーは(0)211
一番新しいバスナンバーは1845 
ナンバーの下2桁がこれまで導入された
バスの通し番号で、上の2桁はなんと!
導入年の西暦下2桁なのですよ。
つまり、211バスは2002年導入で11台目、
1845バスは2018年導入で45台目のバス
ということになります。 
ちょっとしたアルペンルート・トリビアです。
バスご乗車の際は、是非いつ導入され、
何台目のバスなのかをバスナンバーで
確認してみてくださいね。 


高原バスで美女平から弥陀ヶ原までは約40分、
室堂までは1時間程度のドライブです。

バスの運転手さんの個性によって
様々な車内アナウンス、
ガイドをお楽しみいただけます・・・😉

ここでみなさまへ・・・


🙏バスに関するお願い🙏
************************************
【荷物について】
●繁忙期はお手荷物はお膝の上か頭上棚、
 またはトランク入れていただくようお願いします。 
●液体(ペットボトル)や壊れ物・精密機器
(PC、タブレット等)
 はお手荷物で車内へお持ちください。
●ヘルメットやピッケル、アイゼンなど
 鋭くカバーのないものは車内へ
 お持込いただけませんのでご協力お願いします。

【車内について】
同乗のお客様同士、気持ちよく
ご乗車いただきたいため、
車内でのご飲食はご遠慮いただいております。
もちろん車内は禁煙です!

【バス道路について】
雪の大谷終了後、バス道路は両面通行を開始します。
これまで歩道だった箇所にもロープはなくなります。
ガスが出た時は、大変視界が悪くなり、
バスを運転する上でも大変危険ですので、
バス道路へは出ないようにご協力お願いします。
************************************


おまけで除雪車、立山熊太郎もご紹介・・・
1代目、2代目は引退しまして
現在はこれら3台が活躍中です⛄
どれが何代目かは熊太郎の指ジェスチャーで分かります!

3代目

4代目

5代目




最後はわたし達の寮がある、
弥陀ヶ原の昨日の美しい夕日🌅をシェアします。

後日、弥陀ヶ原についてもご紹介いたします!
お楽しみに!

弥陀ヶ原ホテルからの大日岳の風景

Seedless(シードレス)

文中 🚌バスクイズ🚌 答え: 
屋根上の冷房システムの有無に違いがあります! 
旧式は車体の下にシステムがついています。

2018年4月18日水曜日

室堂は*雪* & 富山の観光地を見学☆

昨日から今朝の間に、室堂は約15cm程雪が積もりました⛄



午前中はちらちらと雪は舞っていましたが、風はほとんどなく、
かなり着込んで外に出たのですが、思っていたよりも暖かい…。
(とはいえ、13時の時点で室堂の気温は4℃。まだまだ山の上は冬です。)
ターミナルの外では、みなさん降りたての雪で雪合戦をしていたりしていました。

* * * * *

先週、室堂へ上がる前に、富山県の主な観光名所をぐるっと見学してきました。
(写真:4月11日、12日撮影。ガイド:山じい)

1日目は、立山駅周辺&宇奈月へ。
まずは富山市内のお寿司屋さんにて『富山湾鮨』♪
富山は山も海も近いので、両方の旬のものを頂くことができます。
贅沢ですね~。
立山の麓、芦峅寺(あしくらじ)周辺も見学。
立山駅に行く途中、カモシカに遭遇!

2日目は、庄川、井波、砺波市周辺を見学し、五箇山へ。
五箇山・菅沼集落
五箇山は、ゆったりと時間が流れていて、好きな場所です。
お昼は、地元の郷土料理をいただきました。
やはりこの時期は山菜♪

そして五箇山名物のお豆腐も、是非お召し上がり下さい。

午後は高岡・氷見方面へ。
雨晴海岸。奥の方に雲のように見えますが、
立山連峰がうっすらと見えています!
新湊にある「海王丸パーク」。
ここも立山連峰が一望できるところです。

地元の方に見どころや観光地を伺うと、
『な~ん、富山は何もないっちゃ~。(いや~、富山は何もないよ~。)
と言われますが、自然は豊かだし、美味しいものもたくさんあるし、
フォトジェニックな場所がたくさんあります!

アルペンルートで富山側に下りられた際は、
ぜひこちらの観光地も併せてお立ち寄り下さいね♪

れいり

* * * * *

山じいより追伸です📩

前回、お問い合わせも多数いただきました『雪の大谷なぞなぞ』に続いて…
アルペンルートなぞなぞ第2弾!

Q:立山高原バスに、新しいバスが来ました!🚌
  さて、その『色』何色でしょう?

わかるかな~???(答えは後日、ブログにて。)

2018年4月17日火曜日

雷鳥さんこんにちは~みくりが池1周の途中で~

みくりが池1周の途中で出会った雷鳥

本日徐々に天気が下り坂ということで、天気の良い朝にみくりが池を1周。
3階の出口から出ると右側には、ターミナル屋上の展望台。
雪の広場から大谷へと続く様子がご覧頂けます。


左側に進むと雄大な山々に圧倒され思わず…



そして足を進め、池があるであろう場所へ。
まだまだ雪で覆われており姿を現してくれるのはもう少し先になりそうです。


みくりが池を半周程歩いたところでなにやら人だかりが。
こ、これはもしや!!
はい、タイトルにもある通り、雷鳥さんでございます。


その後、もくもくと煙をあげる地獄谷を眺め、みくりが池1周終了。


雪で歩きにくく、写真を撮りながら歩くと
1時間半程お時間みて頂くのが良いと思いますので
お時間には余裕を持ってお出かけ下さい。
その際サングラス、日焼け止め、カメラの3種の神器をお忘れなく!!

さて、室堂ターミナルには立山自然保護センターが併設されており、
雷鳥や、立山の自然について学ぶことが出来ます。
そして3階では雷鳥、おこじょの目撃情報を募集しており、
なんと、情報提供をするとシールが貰えちゃいます!!


本日Blog担当はしおみんでした
山好きな両親を持ち、南アルプスの塩見岳から命名されたしおみんです。
昔から剱岳に憧れ、でもなかなか来ることが出来ませんでした。
今回立山で働けるという機会に恵まれ感謝しております。
立山に来ること自体初めてな私が観光案内所にいることがおこがましいのですが、
一生懸命勉強して、皆様に生きた情報をお届けできるよう頑張ります。
よろしくお願いします。

しおみん

ブログランキング

にほんブログ村 アウトドアブログ 女性登山者・山ガールへ
ポチっとしていただけると励みになります!

立山黒部アルペンルート オフィシャルサイトへ