画像コピー禁止

2018年6月21日木曜日

【定期報告 ~ 室堂平は今!】6月21日版★玉殿の湧水出ました!

6月21日、室堂平定期報告です!


6月に入り、ますますお問い合わせの多かった
✨玉殿の湧水✨
昨日よりこんこんと湧き出ております!
ようやく汲んでいただけます!



雪の大谷は22日までで、残すところあと1日です。
高さは9メートルとなりました。


では、室堂平の現在の様子をご報告いたします。ターミナルを出た周辺は石畳が出て来ており、高山植物のお花たちも咲き始めています。
チングルマとイワカガミが咲いています

梅雨の雨で、雪どけが進んでいますが、室堂平のフィールド上には、まだまだ雪が残っています。

フィールドに出てきた供養塔です。この供養塔は、1936年9月に地元天台宗立山寺の住職であった佐伯秀胤さんが、遭難者を弔うため、有志と共に建立したもので、宝篋印塔という形だそうです。




頭の部分は落ちてしまっていますが、塔を側で見ると、上段東西南北に刻まれた梵字に気がつきます。この梵字は金剛界曼荼羅の四仏を表しており、塔自体を大日如来にみたてることで、金剛界五仏を表しているそうです。

東:阿閦如来(ウーン)
西:阿弥陀如来(キリーク)
南:宝生如来(タラーク)
北:不空成就如来(アク)

※ 中段には東西面に、光明真言が書かれています。光明真言は、天台宗、真言宗で用いられる呪文の一種で、加持し、その土砂を遺体や墓地にまくことで、死者の罪が消滅し、極楽浄土へ至るという教えが伝えられてきたそうです。

意訳は「これからとなえる光明真言は、大日如来にあまねく仏門に導くところの限りない徳の力を、23の文字にまとめたものである。心を無にして、それに集中して唱えれば、仏の光明に照らされ、迷いの霧が自然と晴れて、本来の清らかな心が明らかとなり、曇りのない月のように円くなるであろう」 
(たちやま17号掲載記事より抜粋)



今日はガスが出ては消え出ては消え・・・

みくりが池の青がきれいです

みくりが池の周りを一周されるのであれば、一部雪道が残っているものの、ほぼ石畳の道を歩いていくことができるようになりました。

本日は、雪がまだ残っている箇所を、ピンポイントでお伝えしますね。

ターミナルから左手に進むルートでは、途中に雪の上を歩いて進む箇所が残っています。


みくりが池を見下ろす最初の坂道には、まだ雪がたくさん残っています。大変滑りやすいので気をつけて下りてくださいね。


坂道を下り、次の登りの石畳との間には、黒百合の蕾がたくさんあり一部咲き始めています。
※黒百合伝説については👉こちら


雨あがりの黒百合
一部花がひらいていましたが、まだ蕾がたくさん


坂を下らずに、フィールド上から「みくりが池」を見下ろすことの出来る展望エリアも石畳が出ました。
急な坂道を下りるのが難しい方も、こちらから池をご覧いただけます。


「みくりが池」へ下りる急坂を下りずに
真っ直ぐ先へ雪道を進んでください


池の向こうにみくりが池温泉が見えます。

ターミナルから室堂山荘側へ向かうルートは、半分以上がまだ雪の上を歩くこととなります。


室堂山荘まではゆっくり歩いて10分ほど


室堂山荘横は除雪され石畳がでてきています

ここからぐるりと「みくりが池」と山の間を石畳が続きます

急な雪の斜面だった箇所が除雪され歩きやすくなりました

下りた先には少しだけ雪が残っていますがすぐに融けそうですね

先日お伝えしましたとおり、「立山室堂」の公開はいよいよ今週末からです。 また、「玉殿の岩屋」への道は、まだ雪で閉ざされており、安全にご覧いただけるようになるのは7月中旬以降の見込みです。

今週末、立山室堂がOPENしましたら、また様子をお伝えいたしますね!

<おまけの雷鳥動画>
今日の雷鳥動画の提供は「雷鳥おにいさん」からです。
なんと・・・あの雷鳥が、あの雷鳥に?!
驚きの雷鳥マジックをご覧いただけます!
お楽しみください・・・



Seedless (シードレス)

2018年6月20日水曜日

室堂に春の訪れ♪

連日の晴れ☀も一休み。梅雨が戻ってきました☂
外は霧が濃く、みくりが池さえも見えない状態です😢

17日に『チングルマが咲いているよ~』との情報が!
さっそく室堂ターミナル前の園地へGO♪
あった~♪咲きました~🌼

玉殿の湧水近くでは、シナノキンバイも咲いています。


シナノキンバイを撮影していたら、奥でなにやらゴソゴソと音が…!!!
『あれっ?!いたの?!』と言わんばかりのこの表情😄
よく見ると、木陰でメスも休憩中でした。
なかなか動かないので、こんな人通りの多いところでで抱卵中かと
心配しましたが、違ったようです。

雷鳥のオスの特徴といえば、目の上にある赤い肉冠ですが、
メスにもあるのは、ご存知でしたか?
『メスの肉冠は、見えづらいのよ~。』


さて、お天気が良いうちに『雪の大谷』へ♪

雪の大谷は10メートルとなりました。(6月15日現在)

壁の側面がボコボコしているのは『雪がとけた跡』です!
雪の壁で遮られていた景色も見えるようになりました。
大日岳連山も雪が少なくなり、緑が濃くなってきました。

『雪の回廊』も、木道が出てきて、こちらもあと3~4m?程。

早いもので、雪の大谷のイベントも残すところあと2日!👀

雪の大谷、見に来られ~♪(←富山弁で「見にいらしてくださいね~♪」という意味です😊)


れいり

2018年6月19日火曜日

お待たせしました ★ 雷鳥沢キャンプ場は今こんな感じです!!

朝から快晴☀だった6月17日の朝、久しぶりに雷鳥沢キャンプ場の様子を見に行って参りました! 

雲一つない良いお天気です

5月GW後の週末は平均30張くらい、
6月に入り少しゆったりした雰囲気となり、
この週末のテント数は9張だったそうです。

雪がずいぶん融けた「みくりが池」

エンマ台付近からの風景


雷鳥荘までの、万里の長城的な道には、2箇所ほど雪が残っていました。




テント場が見えてきました!


雷鳥沢ヒュッテ方向へ降りる辺りはまだ雪があります。



ヒュッテ手前の地獄谷を見下ろす展望エリアで、この日2羽目の雷鳥さんと遭遇。2人きり(1人と1羽だけ?)だったので、この後何か言いながらものすごく近くまで寄ってきてくれ、ずっと話しかけてくれたのですが、雷鳥語であったため、まったく意味は理解できませんでした・・・。

敵対する雰囲気がなかったので、予想としては「どこからきたの?」「君、雷鳥っぽくないけど、何なの?」とかを聞かれていたのかも知れません。

じーっとこちらを見て
話しながらすぐ目の前までやってきて
しばらく横に一緒にいてくれました

ついて来て!と言わんばかりに、何度も後ろを振り返りながら地獄谷側のハイマツへと帰っていった雷鳥さんを見送り・・・

テント場へ向けて下りていきます。

撤収準備を進めている人たちがみえました

途中すれ違った方々を見送り・・・
テント場に到着!まだ雪のフィールドです。


そして・・・恒例の突撃インタビュー!
この日お話をうかがったのは、金沢と地元富山からお越しの山友コンビ。富山からお越しの方はなんと今シーズンすでに3度目の来山だったそうです。これまではスノーボードを楽しんだりしていたそうですが、この週末は、ゆっくりノンビリされたそうです。金沢からの方はどちらかと言えば、夏山派だそうで、これからのシーズンを楽しみにされていました。

お2人とも月-金で働くサラリーマンだそうで、週末は時間が許す限り山で過ごすそうです。「下にいるくらいなら、上に行こうかなと思って、1泊だけだけどノンビリしに来ました」とおっしゃっていました。
雪があればある時の、夏は夏の楽しみ方で過ごされているそうです

私も元サラリーマンなので、この言葉にはめちゃ共感しました。たとえ少しの時間であっても、自然の中で過ごしたくて、山の登り口に部屋を借りていました・・・。

お2人共、週末には山仲間と色々な山に登っていらっしゃるそうです。ここ立山へも、またのお越しをお待ちしております!

この後、事務所に立ち寄り、オーナーに現在の様子を伺ってみました。

雷鳥坂側へ渡る沢のあたりは、先日雪がようやく割れてきたが、6月中はまだ雪ブリッジを歩いて渡れるだろうと、また、縦走の際は夏道はまだ出ていないので、雪の上を下りるのが早くていいよと教えてくださいました。

最近ようやく雪が割れてきたそうです

橋がかかるのはもう少し先になりそうですね

帰りはせっかくなので、雪の様子を見ながら谷道を歩くことにしました。

今年は谷に雪が多かったそうです

こうして見るとまだまだ雪あるなぁ

谷道を振り返って・・・

雄山を見上げるとこんな感じ

雪どけ水の勢いをごらんください!



楽しかったお散歩も終盤となり・・・室堂山荘の裏に上って来てみると、なんと「立山室堂」の扉が開いているではありませんか!

いよいよOPEN?とお話伺ってみると、今日はお掃除デーで、明日以降展示品の運び入れを行って、来週末、6/23-24には公開となる予定とのことでした!!

青空の下、室堂山荘のみなさんが
お掃除をしていらっしゃいました!

公開が楽しみですね!


「立山室堂」公開はいよいよ来週末!!


雪の大谷ウォークイベントは22日までです。その後は、黒部ダムの観光放水が26日から始まります。7月からはいよいよ夏山シーズン開幕ですよ~。

引き続き、皆様のお越しをお待ちしております。

Seedless (シードレス)

2018年6月18日月曜日

ちびっこ山賊Challenge!! presented by NPO自然遊育サポートとやま

以前、来春にエベレスト登頂が決まった四代目 佐伯平蔵さん、こと、
佐伯知彦さんにインタビューさせて頂いた記事の中で告知があった、
『ちびっこ山賊Challenge』昨日、最高の天気の中開催されたので、
その様子を取材させて頂きました。知彦さんについての記事は👉こちら

『ちびっ子山賊Challenge』とは
富山の自然環境を生かした「生きる力」を養う遊育アウトドア企画。
好奇心・探究心溢れる児童期に、富山の自然の特徴である四季折々のアウトドア
「山」や「雪」といった環境の中で、共に考え、協力し、目標を達成しよう!!
そうした非日常を体験し、様々な状況に対応できる思考力・判断力・表現力といった
「生きる力」を養成するチャレンジ企画です。

今回のテーマは『日本一の滝を見に行こう!!「称名滝」を体感しよう!!』
というもので、立山駅からスタートして、称名滝まで約7kmの道のりを歩くもの。
参加者のちびっこ山賊達、下は小学校1年生から上は小学校6年生まで。
まずは目標の称名滝に着いた時の
みんなの達成感に満ち溢れた表情をご覧下さい😄

昨日は気温も高く、歩いていると汗が止まりません。
そんな時に見つけたのが水遊びスポット。
この水は何のためにあるの?とすかさず知彦さんが子供達へ質問。
「外来種が持ち込まれないようにタイヤを洗うためで、5年生の時に習った」
と答えていたのは男の子。このような遊びの中でも学ぶチャンスはいっぱいです。

束の間の水遊びを楽しんだ後は、称名滝に向けて再出発ですが、
色んなものに興味深々なのが1年生の男の子。葉っぱ、お花、木の枝で
お顔を作ることを思いついた様子。自分の手の平の上で作ろうとしても、
なかなかバランスが保てず、すぐに落としてしまいます。
それを見ていた6年生の女の子の「下に置いて作ったら良いよ」
というアドバイスで無事完成。
年上の子の知恵を借りて学んだり、年下の子を見守ったりと、
様々な年代の参加者がいるからこその光景も。



その後、悪城の壁を横目に称名滝が作った地形に驚きながら、
途中でお昼休憩を挟み、立山駅を出発してから約4時間、ついに後称名滝到着です👏



途中でかなり疲れていた子もいましたが、目標の称名滝を前にして、
満面の笑顔、満足感・達成感漂う顔、様々な表情を見せてくれました😃😊😁
もちろんここでも滝が4段に分かれていること等、称名滝について学んでいます。

こちらは最後の休憩ポイント。通り過ぎてしまえば、ただの石垣ですが、
子供達の発想力により、岩登りのような遊び場に。
他の子が思いついた遊びを真似できるのもグループの良いところ。
最終的には、ほぼ全ての子供達がチャレンジしていました。こういう場面で好奇心・探究心が磨かれていくんですね🎶


最後に立ち寄ったのは、称名滝展示館。
模型を見ながら、今日歩いた場所を確認しています。
改めて自分達が成し遂げた事を実感できたのではないでしょうか。
「最初は来れる気がしなかったけど、来て良かった」
「帰りになると疲れがどこかにいっちゃった」
という子供達の声も聞くことが出来ました。

この後はバスに乗って立山駅まで帰ります。
ここでも印象に残る光景が。1年生の男の子がバスを降りて、脇目もふらずに
まっすぐお母さんの方へ歩いていき、お母さんの腕の中へ。
やっぱりまだまだお母さんには甘えたいお年頃。
親元を離れ一人での参加に不安もあったと思いますが、
それでも泣き言など言わず頑張って歩いていた姿、
最後はお母さんに抱きつく姿に思わず胸が熱くなりました。

「これだけ自然の多い富山の子供達でも、なかなか自然の中で遊ぶ機会がないので、
このような体験を通して学べる場を提供していきたい」と話して下さった知彦さん。
そんな素敵なプロジェクトに参加させて頂き、本当にありがとうございました。


今後もNPO自然遊育サポートとやまではちびっこ山賊Challengeとして、
様々なイベントを予定しているようですので、ぜひチェックしてみて下さい😉🎶

しおみん

ブログランキング

にほんブログ村 アウトドアブログ 女性登山者・山ガールへ
ポチっとしていただけると励みになります!

立山黒部アルペンルート オフィシャルサイトへ