2019年8月19日月曜日

🚎トロリーバス🚎バックヤードツアーは9月14日と10月6日。申し込みはお早めに!!

先日Seedlessが告知をした、ロープウェイバックヤードツアーに加え、
立山トンネルトロリーバスもバックヤードツアーを開催致します!!


今年から日本で唯一となったトロリーバス。
そんな珍しい乗り物の裏側を見ることができるチャンス✨
因みに、トロリーバスが走る立山トンネルについての特集記事は👉こちら

さて、バックヤードツアーでどんなものが見られるのか、
少しだけお見せしちゃいましょう!!
こちらはVVVFインバータ装置。
機械を見るのが好きな方は構造美に釘付けになってしまうかも!?
こちらもメカニカルな機器。
搭載されているバッテリー。
架線から電気がもらえない時にも働いてくれます。
普段屋根の上にある、トロリーポール。
その先端についている集電装置も間近で見られるかも!?
こちらはトロリーポールが線から外れた時に、
ロープで引き戻し、架線設備に損傷を与えないようにするレトリバー。
実際にどのように働くか、見せてもらえました。

更に、バスの下にもぐることも出来ます!!

バスのおなかの部分についている様々な機械も
丁寧に説明してもらえます。

そしてそして、運転席に座ることも出来ちゃいます!!
運転手さんの気分を味わってみて下さい😉
ただの道路のように見えますが、
こちらにも安全を守るヒミツが隠されています。

普段何気なく乗っているトロリーバス。
私達が乗降車するドア以外にも、様々なドアがついており、
そのドアを開けるたびに現れる様々な装置。
普段ベールに包まれているトロリーバスの
知られざる部分が見られるチャンスをお見逃し無く!!

お申し込みは👉こちらから
みなさまのご応募お待ちしております😉

しおみん

2019年8月18日日曜日

【弥陀ヶ原は今!⑥】夏の弥陀ケ原

台風が去り、太陽の光はまだ強く暑いですが
吹く風に秋の気配を感じます。

弥陀ケ原の景色といえば大日岳と地塘✨

 
 今日は、お盆休み最終日の日曜日ですが、朝から多くの方が弥陀ケ原へ散策に訪れていらっしゃいました。


まだまだ青々とした緑の中の散策です。


 弥陀ケ原では、名物のワタスゲはもう見られなくなりましたが、現在はイワショウブやシモツケソウをいたるところで見ることができます。

弥陀ケ原で8月下旬から9月にかけて見られる花です。


目を引く濃いピンク色のシモツケソウ


また、この時期の弥陀ケ原には、コヒョウモンやベニヒカゲという蝶が多く見られます。

イワショウブにカメラを向けると
ベニヒカゲが蜜を吸いにやってきました。


蝶は人の汗に反応するらしく、山歩きの後などは指に止まってくれたりします。
過去に撮ったものですが、手乗りコヒョウモンです。






 高山植物の花も秋の顔ぶれになりつつあり、まだまだ楽しむことが出来ます。


弥陀ケ原で見られる高山植物の花や実


木道の脇に1本ワタスゲが残っていました!


ほわっとした綿毛感はもうなくなっていましたが・・・


雪どけのあとに、ミズバショウが咲いていた弥陀ケ原駅舎近くの沼地のあたりは、東南アジアのような風景になっていました・・・。


巨大化したミズバショウの葉


紅葉はまだ先ではあるものの、ナナカマドの葉の色には少し変化が見られました。


緑の葉が赤くなりつつあります。

 室堂散策の後、弥陀ケ原、そして美女平と全く植生の違うエリアを散策される方も多く、室堂の案内所でも見所などをたずねられます。

 標高が下がってくると気温もあがるので、お天気の良い日は、しっかり水分補給をしながら夏の大自然を楽しんでください。

Seedless✨ (シードレス)

2019年8月17日土曜日

立山ロープウェイ🚠バックヤードツアー初回いよいよ8月24日!!

たくさんの乗り物を乗り継いで移動いただく
アルペンルートの乗り物の中でも人気の高い
立山ロープウェイ🚠


大観峰駅に到着するロープウェイの様子


この乗り物の裏側を知れるチャンスである
バックヤードツアーがいよいよ24日に始まります!


 「裏アルペンルート」として、ご紹介しているこのツアーですが、なんと普段立ち入ることが出来ない秘密の道を通って、ロープウェイ施設の裏側へご案内いたします


細い通路、狭い階段、その先には?!

 ロープウェイが稼働するための大きな機械をご覧いただいたり、運転室の内部も見て頂くことが出来ます。乗るだけでは分からない、珍しい乗り物のことをたくさん知っていただけるチャンスです。



こんなところも間近でみることができるのです!


ロープウェイのことが色々知れるチャンスです!

 8月24日の初回ツアーには、少しだけ空席が残っています! ご興味ある方は大急ぎでお申込みください。

お申し込みは👉こちらから!


 立山ロープウェイは、昭和45年の開業以来、現在では3代目となる客車が大観峰~黒部平間をお客様を乗せして運行しております。大自然の雄大な景色を存分に楽しんでいただきたいとの思いで、支柱が一本もないワンスパン式のロープウェイを採用し、高低差488m、1.7kmの距離をワイヤーのみで結んでいます。


立山ロープウェイ
(撮影日:2018-11-15)


どのシーズンにお越しいただいても、360°のパノラマビューをお楽しみいただけますし、特にこれからの紅葉の時期は格別の眺めとなります! 


 9月14日からは、日本で唯一となった立山トロリーバスのバックヤードツアーも始まります! 
こちらについても後日ご紹介いたしますのでお楽しみに😉✨

Seedless✨(シードレス)

2019年8月16日金曜日

台風前の奥大日岳

昨日、別山の様子をご報告しましたが、
同じ日に奥大日岳にも足を運んだのでそちらの様子もご紹介します。
梅雨明けすぐに大日三山を縦走したSeedlessの記事は👉こちら

剱御前小舎から新室堂乗越への稜線を歩きます。
雷鳥坂ではほとんどお花が見られませんでしたが、
こちらは雪どけが遅かったのでしょうか。
まだチングルマやハクサンイチゲが咲いている場所がありました。
チングルマと立山、浄土山。(以下全て8/13撮影)
稜線を歩いていると少しずつ剱岳が姿を現してくれました。
別山からの剱岳とはまた少し違う見え方。早月尾根がよく見えます。
いつか登りたいと思っている、
北アルプス三大急登のひとつ、早月尾根。
早月小屋は雲のあたりでしょうか。
更に足を進めると、
剱岳がキレイな三角形に見えるようになってきました。
奥大日岳頂上まで、あと少し。
称名渓谷と弥陀ケ原。
天狗平から弥陀ケ原への高原バス道路も見えてます。
やはり、こちらも登山道にほとんどお花は見られませんでしたが、
奥大日岳の山頂付近はチングルマ等が咲いていました。
チングルマと剱岳。
奥大日岳から臨む立山、浄土山。
せっかくなら、大日岳まで縦走し、
大日平、称名滝へと歩みを進めたかったのですが、
時間の関係で、奥大日岳で引き返し室堂へ。
同じ道なのですが、歩く方向が違うと、見える景色も違い、
こんな景色が見られたことにびっくり。
正面に立山、右側に称名渓谷見ながら歩きます。
ガスに覆われつつある剱岳もまた、カッコイイ✨
青空に緑の山が映え、雲がまた、夏山らしさを演出
奥大日岳の往復では、鎖場や梯子等なく、
少しガレている場所はありますが、比較的歩きやすかったです。
お昼を過ぎるとガスに覆われてしまうことが多い夏山。
早めに行動し、素敵な景色をご覧下さい😉

しおみん

2019年8月15日木曜日

剱岳を眺める特等席、別山へ~盛夏編~

台風10号が近づいており、室堂平では風が強くなってきていますが、
昨日まではとても良いお天気が続いていました。
お盆期間中、多くのお客様が登山を楽しむ中、
私も一昨日、剣岳を見るべく、別山へ登ってきました。
前回約1ヶ月前に別山へ登った時は、登山道にまだ雪が残っており、
上から見下ろした室堂平も半分程雪でしたが、
それらの雪もすっかりとけ、緑が広がり、夏山らしくなっていました。
ぜひ前回のブログとも見比べてみて下さい👉こちら
ほとんど雪がなくなり、緑が広がっている別山。
雷鳥坂から見る立山、浄土山も緑。
登る人が少なく、静かに山歩きが楽しめる大日連山。
室堂平や地獄谷、左奥には薬師岳。
今シーズン別山に登るのは4回目ですが、
今までで一番多くのお客様とすれ違い、
剱御前小舎や山頂でもたくさんの方が休憩しているのを見て、
改めて夏山登山の人気を実感しました。
別山の山頂の祠でお参りする方や、景色を楽しむ方々。
前回ほとんど雪だった剣沢方面。
左上に剱御前小舎、右の方に剣山荘と剣沢小屋。
トラバースルートもほとんど雪はなさそうです。
山頂にかかるかかからないかという
絶妙な雲海が美しかった後立山連峰。
立山と浄土山、間には赤牛岳。
剱岳、後立山連峰、そして立山までパノラマ撮影。
予報を見ると、台風の後は再び天気の良い日が続きそうです。
多くのお客様に、それぞれの山行をお楽しみいただけたらと思います😉

しおみん

2019年8月14日水曜日

【定期報告~室堂平は今!】8月14日版 緑濃い夏の景色!

台風が近づいているためか
今日は風の強い室堂です。

みくりが池の湖面も風で波立ち、
池に映った逆さ立山は見えませんでした。



まだ青空が広がっていますが、
夕方には少し雨になりそうな予報も出ています。




 現在お盆休み中ということで、連日たくさんのお客様にお越しいただいております!

室堂観光案内所で、時折いただく質問が
「雪の大谷はまだ見られるの?」

室堂ターミナル屋上の展望台からは、春に雪の大谷のあった高原バス道路が良く見えます。現在はこのとおり!


過去に雪の大谷最高地点だった場所に
ほんの少し雪が残っているのが見られます。

 一つ前の定期報告から約10日が経ちました。
本日も、現在のみくりが池周辺の様子をご紹介してまいります。

前回、室堂平~みくりが池周辺に群生していた「チングルマ」は、花が終わり実になっていますが、まだまだ多くの高山植物の花がご覧いただけます。


現在、園地、みくりが池周辺でみられる花たちです。


みくりが池手前に一輪ニッコウキスゲが咲いていました!


 連休中はお天気にも恵まれ、たくさんの方が登山を楽しまれたようでした。


エンマ台手前から見えた剱岳。


室堂平から見た大日三山


 そして、こちらは昨日、別山~奥大日を歩いてきた✨しおみん✨が撮影してくれた雷鳥沢キャンプ場の様子です。


カラフルなテントがまだまだ沢山あります。
(写真撮影:しおみん 2019-8-13)


みくりが池山側から見える「血の池」
こちらから見た方が赤く見えるねという声が聞こえていました😊

 みどりが池辺りに来るとさらに風が強くなり、山の上にも大きな雲が見られました。


こちらも、湖面に山は映らずです。



 明日は台風10号が西日本を縦断するようで、
交通機関の遅延、欠航などが心配なところです。


みなさんが安全でよい夏休みの旅を続けられますように!

Seedless ✨(シードレス)