画像コピー禁止

2016年8月23日火曜日

立山(室堂)~五色ヶ原~薬師岳★縦走3days♪後編

前編はコチラ

立山(室堂)~五色ヶ原~薬師岳★縦走3days♪前編




≪2nd day≫ 8月1日


【 五色ヶ原~鳶山~越中沢岳~スゴノ頭

~スゴ乗越~間山~北薬師岳~薬師岳】


まだ星空が見える中・・・

3:30 起床

朝食は、おにぎりと梅昆布茶。


4:00 朝食


梅昆布茶で身体が少し温まったところで



4:30 五色ヶ原山荘を出発!!

歩き出して30分もしないうちに

辺りは少しづつ明るくなっていき

後ろを振り返ると

御来光を見ることができました!!



4:55 御来光

そして・・・



5:15 鳶山(標高2,616m)

鳶山からは富山平野にかかる雲海を

望むことができました。


鳶山より望む富山平野の雲海

あまりの美しさに

360度パノラマ撮影をしました











なかなか離れられない景色と出会ってしまって・・・

完全にタイムロス。(笑)

もっとゆっくり見ていたかったけど・・・この日はロング行程。

先を急がなければならず、この景色とお別れをしました。





鳶山から越中沢乗越までは

しばらくの下り。




景色を楽しみながら歩いていくと・・・




木道がありました。




おそらく、この辺りで標高は2,400m前後

室堂と同じくらいだと思いますが・・・

こんなに背の高い木があることにビックリしました。




平坦な道はすぐに終わり、

越中沢乗越から越中沢岳までは岩場の上り。




じわじわと体力を奪っていく岩場の稜線。 




 日差しをまともに受けて、とにかく暑かったです・・・。




でも、後ろを振り返ってみると

歩いてきた峰々が見えていて

なんだか嬉しかったですねッ







ゴツゴツした岩場を上りきると・・・




これまた、見晴らしの良い場所


7:15 越中沢岳(標高2,591.4m)

 ここからが本番!と言っても

良いくらいかもしれません。




そして、これが後に納得させられることになる言葉。



近くて遠いはスゴの小屋

正面には薬師岳、スゴ乗越小屋の

赤い屋根も見えていました。


越中沢岳から望む薬師岳





ここから先、まだまだ道のりは長いので・・・

糖分もしっかり摂っておきます。


わたしを元気にしてくれるのは・・・黒糖干し梅、
ブルーベリー、マンゴー、あんず、キャラメルココナッツ。

30分休んで・・・


7:45 越中沢岳を出発!!

その先に見えているのは・・・

スゴの頭。




この間の道がなかなか険しい。。。








久しぶりにスリルを味わう

こんな傾斜のある場所に根強く咲くゼンテイカ

険しい岩場を下っていると・・・





昭和28年8月20日に、この地で落雷により

亡くなられた方の慰霊碑がありました。

立山~薬師岳の間は終始、稜線歩きに近いため

落雷があれば逃げ場のない道のりです。

慰霊碑に手を合わせ、改めて

気を引き締め、歩き出しました。




越中沢岳の岩場を下りきって

その道を見ると・・・

やはり、すごい傾斜だったことがわかりました。


越中沢岳を真下から望む

でも、今度はまた上り返し!!

スゴノ頭を目指します・・・。




これが・・・

”まだ?”と心の中で思ってしまったほど

遠く、長い道のりに感じました。


9:35 スゴノ頭

でも・・・そこには

苦労して登った甲斐があると言えるような

見晴らしの良い景色が待っていました!!


越中沢岳をバックに一枚、パシャリ


そして、ここからがわたしを苦しめ

また、わたしを強くしてくれた・・・

長い長い、とにかく長い道のりでした。


10:35 スゴノ越


ゆとりこそ、無事故につながる道しるべ




少しずつ疲れが出始めてきましたが

高山植物を見たりと自分を癒し

時間に”ゆとり”はあまり無かったのですが・・・

それでも焦らず、険しいところでは一呼吸おいてから進むように

気持ちには”ゆとり”を持つように意識していました。




池が見えたと思えば、、、





そのすぐ先に”スゴノ小屋”がありました。





予定よりちょっと遅れが出始めていましたが・・・


11:30 スゴノ小屋


ここでエネルギー補給!!

お腹が空いていると体力の無さが

あからさまに表に出るわたしなので。。。

しっかりと昼食をとりました。



わたしの昼食はカルボナーラ。

水分もしっかり摂って

12:20 スゴノ小屋を出発ですッ!!


ミヤマリンドウ

ゼンテイカ

お花畑のような高山植物の群生地を通り、

気持ちよく歩き始めたかと思えば・・・




辺りはだんだんと薄暗くなっていき、

目の前はどんどん白く、ガスがかかってきました。




”迷いやすい”と登山マップにも記されていた通り、

登山道が突然、4本ぐらいの分かれ道のようになり

案の定、ちょっと迷ってしまったガレ場道です。

ガスが一瞬抜けたとき、遠くにケルンらしきものが

見えたので、正しい道がわかりました。




辺りは真っ白で、山は何も見えていなかったので

ここが正しい道であるということは

この”間山”の標柱で確信できました。




そして、この先に待っているのは・・・

北薬師岳です。




長く続く岩場の道。。。




この天気でもわたしの心は・・・

ワクワクしていました。(笑)




だって、、、

憧れの・・・北薬師岳ですものッ


15:35 北薬師岳(標高2,900m)

そして、この直後・・・!!





北薬師岳~薬師岳に向かうトゲトゲの縦走路で

なんとッ!!

オコジョに出逢いました




しばらく、動画を撮っていたほど

わたしの前をウロチョロと動き回るオコジョ。

体長が20cm程と少し小さめだったので

もしかして・・・子どもかなぁ?と思いました。





そして、なぜか・・・この一番険しい

岩のてっぺん道を慎重に歩くわたしの後ろを

”だ~るまさんがこ~ろんだッ”と遊んでいるみたいに

ず--------っと尾行してくるオコジョでした。(笑)




なかなか出会うことができないオコジョが

こんなにも長い時間そばにいて。。。

なんとなく、何かが起こる前兆のように

感じていたのですが・・・その予感は見事に的中!!

この直後、身体に叩きつけられるような強い雨が

急に降りだしたかと思えば、近くに雷が何度も落ちていて

本当に恐い思いをしました。





それでも、なんとかなんとか辿り着いた”薬師岳”



16:30 薬師岳(標高2,926m)

残念ながら・・・視界はゼロ。


登頂オメデトウ。下りは浮石に注意してね。
天候急変。昼寝はほどほどに。

昼寝なんてしている間もなく、

すぐに下山ですッ!!(泣)


17:15 薬師岳山荘に到着。

山荘の乾燥室をお借りして

ザック、雨具、靴、帽子、グローブを乾かし、

乾燥室の中にある更衣室で着替えを済ませました。

乾燥室があるのは本当に有難いですね。。。





そして、夕飯作り。

と言っても、お湯を沸かすだけです・・・。(笑)





外の気温は12℃と、

だんだんと冷え込んできていました。

写真は撮れませんでしたが

20:00頃には富山市内でこの日、行われていた

北日本新聞納涼花火大会の花火が

線香花火のように小さく可愛らしく見えていました。


花火大会を遠くから静かに眺め

この日は眠りに就きました


≪2nd day≫

total歩行時間:12時間00分


20:30 就寝 ・・・。




≪3rd days 8月2日


 【 薬師岳山荘~薬師平~薬師峠キャンプ場~太郎平小屋

~五光岩ベンチ~三角点ベンチ~折立 】


4:30 起床





目を覚ませば、朝焼けが広がる穏やかな空。




 山の景色を見ながら山荘の外で朝食。

3日目の朝食は、カルボナーラリゾットとホットコーヒー。

身体が温まったところで・・・


6:10 薬師岳山荘を出発!!

・・・のハズが、山荘から歩き出してすぐ

山の景色に魅了されてしまい、

わたしの足は完全にストップ。


槍ヶ岳や笠ヶ岳、黒部五郎岳、御嶽山まで見えていました。

6:30 再出発・・・!!(笑)


7:25 薬師峠キャンプ場

キャンプ場を過ぎて、木道を歩いていると・・・

前から一人の女性が歩いてきて

『こんにちは~♪』と挨拶をすると、ビックリ!!


偶然にも、友だちと会いましたぁ-----

・・・20分程、立ち話をして


7:50 太郎小屋


9:50 三角点

帰りは時間がたっぷりあったので

ここでゆっくり、早めの昼食♪(笑)


昼食はパ・ス・タ

そして、最後は岩がゴロゴロとする道を

1時間程下れば・・・


11:50 折立の登山口に到着!!


折立発12:00のバスで有峰口駅へ。。。

電鉄富山・立山線で有峰口駅→立山駅へ。


登山の帰りは立山駅で”クレミアソフト”を食べて・・・
室堂に帰りました

≪3rd days

total歩行時間:4時間30分



なんだか、長くも慌ただしいような今回の登山でしたが

ザラ峠を歩けたこと。

五色ヶ原のお花畑を見れたこと。

満天の星空を見れたこと。

越中沢岳から360度パノラマを見れたこと。

オコジョに出逢えたこと。

薬師岳山荘から富山の花火大会が見れたこと。

帰りに周辺の山の景色が見れたこと。

それが本当に嬉しく、わたしの心に残る登山となりました。

そして何より、ケガもなく無事に帰ってこれたことが

一番嬉しかったですね。



薬師岳と五色ヶ原のバッジ。


薬師岳は・・・またピストンでリベンジします。(笑)




8月1日・2日 撮影📷


立山ガール 🌷わかな🌷

ブログランキング

にほんブログ村 アウトドアブログ 女性登山者・山ガールへ
ポチっとしていただけると励みになります!

立山黒部アルペンルート オフィシャルサイトへ