画像コピー禁止

2016年6月18日土曜日

アルペンルート‘ひと筆書き’Part②♪美女平~弥陀ヶ原☆

歩くアルペンルート第二弾

美女平~弥陀ヶ原

歩いてきました

美女平駅横にある美女杉
美女平駅を出て右手方向に100Mほど行くと

美女平遊歩道コースの入口☝


ここからブナ坂にかけては

整備された遊歩道を歩いて行きます🚶
(大回りコースを選択)


遊歩道入口の階段を下ると


フワフワな土の道が続き

見渡す限り、いっぱいで

ジャングル🌳に足を踏み入れたような

感覚を味わえます


立派な立山杉


ブナの木が

所狭しと並んで立っています!

ホーーーホケキョ

チッチッチッチッチ

と、野鳥たちの声も元気に聞こえてきます!!

根っこが地上に出た根上り杉

綺麗に根元が曲がった杉
歩き始めて約40分・・・

車道横断注意の標識😉

階段を上がると


見慣れた高原バス道路が出現しました🚌


おお、道路の反対側に道が続いてるーッ

左右をよく確認してから

高原バス道路を横切ると


ここからブナ平・称名滝展望コースのスタートです
スタートから約40分


高原バス道路を見上げるような場所に

木道が設置され

しばらくは高原バス道路🚌と並行する道が続きます🚶

高原バスが通過中


雪融け後、まだあまり人が通っていないからでしょうか・・・

登山道を覆い尽くすように草木が両脇に広がっています😞


倒木をよっこいしょと乗り越え



しばらく行くと・・・

あれ登山道が無くなった・・・



オロオロしていると


右手に高原バス道路へ下りる階段を発見👍


数十メートルほど車道沿いを歩き


再び登山道へ復帰・・・

ふぅ、一安心😌



すると少しだけ麓の景色が広がりましたッ



ここで偶然

立山駅総合案内センターのお姉さんと遭遇

わたしの今日の目的地・弥陀ヶ原から下りて来たようです🙆

お互いを励まし合いながら(笑)

それぞれの道へ・・・



今日、初めて登山道で人とすれ違いました



その先しばらく行くと遠くの方から

水の流れる

ざぁーーーーーー’という音が・・・

もしやこの音は・・・称名滝


滝見台に到着
スタートから1時間40分経過


・・・が

本日はガスで滝の姿は見えず

落差350メートル日本一☝

今日はお休みのようですね・・・(笑)



滝見台から先は一気に上る急な階段へ突入・・・

いきなり現れた急登に若干心が折れましたが


誰かの落し物を発見!イノシシかな?

野生動物🐻🐇🐒の気配を近くに感じたり

登山道を塞ぐほどの倒木

巨大な倒木🌲をなんとか乗り越えたり

コバイケイソウ

ミズバショウ

健気に咲くお花たち🌼

元気をもらいながら

大観台に到着です!
スタートから2時間30分経過


やはりここでも称名滝は見えず。。。




この先八郎坂コースの分岐を過ぎると




再び高原バス道路のすぐ脇の木道🌼


開けた場所へと出てきました!

ガスが深くなってきたのが少し残念ですが・・・

木道沿いでは

ゼンテイカ(ニッコウキスゲ)
ワタスゲ
雪だるまみたいな形のキノコ
が見られましたよ

道路を挟んで右手の弘法公衆トイレを通過すると




このコース二度目の道路横断です!!!
スタートから3時間15分経過



弘法から追分は歩きやすいなだらかな木道

チングルマの群生

弥陀ヶ原高原を彷彿とさせる池塘とワタスゲ


やっと晴れ間🌞が出てきたー

と喜んでいると・・・


目的地の弥陀ヶ原ホテルが見えてきましたー


左手には雲の合間から大日岳


右手には松尾峠展望台方面を望みながら



最後の分岐を


左に曲がると・・・

このコース三度目の高原バス道路横断



すると本日の目的地・弥陀ヶ原に到着
スタートからちょうど4時間経過


ここから先は外回りコースを経由して

弥陀ヶ原ホテルへと進みました!

途中のガキの田広場ベンチ

歩いて来た道を振り返ると・・・



雲海☁ドカーーーン

広がっていました

途中のガスは

この雲海の中を歩いていたからだったんですね





美女平~弥陀ヶ原コース

距離は長いですがそこまで多くの急登もなく

大部分が木道ですので、とても歩きやすいです🚶

迷いそうな場所もなく、安心して歩けるコースです

ただしコース中三回、高原バス道路を横断しますので

その際は気を付けましょう

また美女平から先、弥陀ヶ原まで水場💧はありませんので

水分をしっかりと確保してから出発しましょうね👌


弥陀ヶ原から先の
歩くアルペンルート

また次回ご紹介しま~す

📷6月10日撮影

立山ガール ⛄とも⛄



ブログランキング

にほんブログ村 アウトドアブログ 女性登山者・山ガールへ
ポチっとしていただけると励みになります!

立山黒部アルペンルート オフィシャルサイトへ