画像コピー禁止

2016年6月16日木曜日

天狗平水平道は今、歩ける。。。?



昨日(6月15日)

天狗平山荘からの帰りに

天狗平水平道を歩き

登山道の状況確認をしてきました。




・・・が、天狗平山荘を出発して

わずか数秒。。。(笑)

障害物①

早くも、大きな大きな障害物が現れる!!

ここは素直に諦めて、、、

バス道路から回り道。

再度、登山道へと入る。




先週と比べると雪はだいぶ

融けてはきたけど・・・

やっぱり、まだまだ雪道。





難所①

雪が薄っすらとしてきたところでは

こんな風に、踏み抜きもあって

どこが道なのか。。。

ちょっとわかりづらくて危ないです。





 時々、氷のようになった雪もあって

滑りやすくなっています。





しばらく雪道を進むと

石畳の道を歩けるところもあります。




途中、ベンチも出ていました!




木々は今、起き上がってきている最中なので

通行する際には絶対に踏んだり、

折ったりしないように・・・要注意です!!




またしばらく、でこぼこの雪道です。




一部、一部、登山道が出てはいるものの・・・

まだまだ雪があるところのほうが多いです。




 さて、問題はここからです・・・


 難所②





谷になっているところなので

雪が溜まっていて登山道を見失いそうな感じです。

夏場の登山道をちゃんと知らない人が歩くと

谷に落ちていく可能性があります。




そして、予想していた通り!

難所③

最大の難所はここですっ。





えっ?これが・・・?

と、お思いでしょう。

なぜここが難所かというと

この雪の下は称名滝へと流れ着く雪融け水が

夏場でも滝のように勢いよく流れている場所だからです。

つまり、橋は雪の中のどこにあるのか・・・

さぐりさぐりの感覚です。

踏み外せば・・・

ズボっと穴が開き、かなり危険でした。




やっぱりまだ

『もう、歩けますよ~♪』とは

安易に言えないですね。




雪に埋もれていた

”地獄谷方面 通行禁止”の案内看板は

一応、見えるように立ててきました。




登山道の案内標識は

雪の中で表面が削れてしまったようで・・・

”天狗平”の表示が見えなくなっていました。




室堂へはここから階段を上ります!

間違えて地獄谷方面へは進まないように

気を付けなければいけませんね。





階段にはもう、雪は全く残っていませんでした。




階段を上ると木道になります。

木道の横には雪融け水が流れていました。

かなり冷たい水です。





そして、そのすぐ側には

難所④

また踏み抜きになりそうな場所がありました。





さぁ!室堂はもう、すぐそこですっ☆

あとはもう危険なところはなさそうだなぁ~。




そう思って進んでいましたが・・・

階段は雪融け水の水量が多く

足元をよく見ていないと

べちゃべちゃになってしまいます。





そして、油断は禁物ですっ・・・!

難所⑤

最後の最後でまだ危険箇所がありました。





天狗平水平道が安全に歩けるのは

まだもう少し先になりそうですね。

因みに・・・

室堂平側からの登山道入り口には

現在、まだ規制ロープが張られています。

下山は雪がある斜面を下ることになるので

さらに危険度が増すためでしょう。




室堂に着くと

”立山”の石碑を囲んでいた

規制ロープの位置が変わっていて

石碑の前での記念撮影📷が可能になっていました!

待ってましたぁ!”立山”

早速、記念に一枚。パシャリ📷




天気が良ければ、この石碑の背景には

立山の山々が見えますよ。

室堂にお越しの際はぜひ、ここで一枚

記念写真📷を。。。❤



6月15日 撮影📷


立山ガール

⛄とも⛄ 🌷わかな🌷

ブログランキング

にほんブログ村 アウトドアブログ 女性登山者・山ガールへ
ポチっとしていただけると励みになります!

立山黒部アルペンルート オフィシャルサイトへ