画像コピー禁止

2017年4月28日金曜日

GW直前 雪の大谷速報 & 突撃となりの救護室

アルペンルート開通後も、
何度か吹雪に見舞われた室堂。

ターミナルの背後には
立山連峰が聳えています。

  
                                               Photo by Yamajiji 🐻

今しか行けない天狗平に向かう雪上ルートからの撮影。
画面右には雄大な大日岳 ↓


                        Photo by Yamajiji 🐻

まだまだ高い雪の大谷です。



室堂ターミナル3Fから一歩外へ出ると…。
そこは別天地(>▽<)



Photo by Yamajiji 🐻
室堂山の斜面。
うつくしい雪のあそび場が広がっています
お天気も最高ですねー

一昨日の新雪で、
お化粧直しされたばかり💠💠💠

池 ↓

                         Photo by Yamajiji 🐻

まだ雪に覆われていて、
大きな窪みといったところでしょうか。

みくりが池温泉から、
さらに徒歩3分でエンマ台。
そこから地獄谷が見えます。


                        Photo by Yamajiji 🐻
🎏 🎏 🎏

明日からいよいよGW。
沢山のお客様で賑うことが予想されます。

アルペンルートのご利用で、
標高2450mの室堂までいっきに来れちゃいます。

そのため、中には高山病になってしまう方も。。。

高山病には様々な症状があります。
頭痛、めまい、吐き気、腹痛などなど。

私も到着してから数日間、
異様な眠気、虚脱感を覚えました。

そこで今回は!
突撃💗となりの救護室🏥

室堂ターミナルにおられる看護師さんに、
高山病の予防法や、
おすすめグッズなどを伺って参りました。

お写真をお願いすると、ノリノリで看護師さん役と
患者さん役をして下さったお二方😆🎶


                       ありがとうございます!!

まずは予防法について・・・
看護師さん自身も心がけておられることを
2つ教えて下さいました💙

 ☆ こまめな水分補給(のどが渇く前に)
 ☆ 動作は何事もゆっくりと

たしかに、現地到着後はテンションが上がって、
アクティブに行動しがち。
気をつけたいですね。

手軽に実践できる方法だなぁと思いました💮 メモメモ

他にも、
 ☆ 十分な睡眠をとっておく
 ☆ 現地到着後は深い呼吸を心がける
 ☆ 喫煙・飲酒は控える

などは、よくネット上でも紹介されています。
でも、3つ目は難しいなぁ~という方は多いのでは(笑)
      お客様に、喫煙室やビールを売っているところをよく聞かれます(^^)


そして、もし高山病になってしまったら…。
特効薬は下山することです。

アレルギー反応などの心配があるため、
インフォメーションや救護室でも、
お客様にお薬を差し上げることができないのです。

でも、室堂ターミナル1Fの売店には
こ~んなお助けグッズが販売されています



ばんそうこう、リップクリーム、頭痛薬、
かぜ薬、下痢止め、目薬、カイロ、除菌シート💊

看護師さんが、
お客様にご持参されることをおすすめしていたのは、

 ☆ 目薬
 ☆ 普段服用されているお薬(予備も)
 ☆ お薬手帳

見落としがちなのが、そう乾燥

コンタクトレンズを使用されている方は、
目薬や予備のレンズもあると安心ですね。

乾燥肌の方は、ハンドクリームやリップクリームも
あると便利ですよ。



私も、自分の救急ポーチを見直してみました。
中身は…

ばんそうこう、消毒液、ムヒ、目薬、コンタクトレンズ、
水なしで飲める下痢止め、手ぬぐい。

山柄のばんそうこうはお気に入りです💛

手ぬぐいはいざというとき、
包帯代わりにもなりますよ。

みなさんも、
自分好みの救急ポーチを作ってみてはいかがですか?

                       おんな寅さん トラ子 💕

ブログランキング

にほんブログ村 アウトドアブログ 女性登山者・山ガールへ
ポチっとしていただけると励みになります!

立山黒部アルペンルート オフィシャルサイトへ