画像コピー禁止

2017年4月18日火曜日

立山・室堂の積雪調査を取材しました☆

富山大学・雪氷学の島田先生と生徒さんたちが、ひと冬にどのくらい雪が降ったのか調査しておられました!


室堂駅から室堂山荘の間で、1日目は40人、2日目は50人の人力で地面まで穴を掘ったそうです!すごいですね!!


去年の11月から今年4月まで5ヶ月分のここでの積雪は、5m88cm

こんなに雪が降って積もるのは、世界でも珍しいそう!


上から下まで、このくらいサンプルの雪を取って大学へ持ち帰り、中にどんな物質が入っているか調べます。


どんな物質が入っているかと言うと。。。

●海水の中の物質(ロシア側から風が吹いて、日本海の上で水蒸気を集め、山で雪が降るからです。)
 ●黄砂とその中にある汚染物質。                        

地球規模の環境変貌がハッキリわかります!!


よーく見ると、横の線がたくさん入っています。年輪ならぬ、雪輪です。
黄砂が吹いてきたときは、線が黄色いんです。


こんなに多くの雪が6月までにゆっくりと全部溶けて、山ー滝ー川ー海へ。。
そして、風や雲が海の水蒸気を山まで運んで、雨や雪になります。

島田先生は、この雪が溶けて水になる富山は、本当に水に恵まれている場所なんだと言っておられました。

水のありがたさ、大切さ、
水が循環しているのが改めてわかり、環境保護を深く考えさせられた日でありました。
ありがとうございました。

😊💗くみ💗😊


                  



ブログランキング

にほんブログ村 アウトドアブログ 女性登山者・山ガールへ
ポチっとしていただけると励みになります!

立山黒部アルペンルート オフィシャルサイトへ