画像コピー禁止

2016年10月22日土曜日

秘境の一軒宿・黒薙温泉♨


黒部峡谷トロッコ電車でしか辿り着けない

秘境一軒宿黒薙温泉(くろなぎおんせん)

泊まりに行ってきましたー


黒部峡谷トロッコ電車は宇奈月駅から欅平駅までの

20.1㎞を結ぶ鉄道路線

宇奈月駅から約25分、トロッコ電車に揺られて

到着するのが黒薙駅です。

ここでトロッコを降りると、少しだけ優越感

なぜなら・・・

ほとんどの乗客はその先の鐘釣(かねつり)や欅平に向かうので

「えっ!?ここで降りたら何があるの?」っという目で見られるからです

そんな視線を背中に感じながら

黒薙駅でトロッコを降りるのはなんだか気持ちが良いですよ(笑)


黒薙温泉は江戸時代初期に発見され

慶応4(1868)年、加賀藩に開湯を許可されるまでの220年有余

隠れ湯」の歴史があります。

その後、大正中頃に電源開発用の鉄道敷設により

ようやく一般に利用されるようになりました。

富山の名湯・宇奈月温泉をご存知の方は多いかと思いますが

宇奈月温泉源泉

この、黒薙温泉から引かれていることはご存知でしたか?

黒薙の源泉は麓の宇奈月温泉郷すべてをまかなう

豊富な湧出量を誇っているんです


さて、黒部峡谷鉄道・黒薙駅に到着ですッ!


ホームに降り立って、線路を渡るとすぐ目の前に・・・

急な階段ッ!!!

実は、黒薙温泉

秘境と呼ぶにふさわしく!?駅に着いたからといって

‘すぐにお宿に到着’というわけではないんです!

階段が大変多く、切り立った急なの中腹に作られた道のため

送迎は行うことが出来ません。


駅到着後、自分の足で600 mの距離を20分歩いて

ようやく辿り着くことが出来るんです


最初の階段を上がりきると・・・


第一段階クリアー!

この先、黒薙温泉旅館到着までの区間

可愛らしい案内看板が立てられているので

山道でも楽しく歩けること間違いなしッ!です


次に見つけたこの看板


見下ろすと、確かにトロッコ電車が走る

後曳橋(あとびきばし)の姿が

明日の朝、トロッコが通過する瞬間を見に来ようっと♪


道幅の狭い場所を通過し・・・


スノーシェード?のような道を通過すると


眼下に美しい清流が見えてきました


河原のそばに下りると黒部川の流れが間近に♪


案内通り、約20分で黒薙温泉に到着です


黒薙温泉旅館には自慢の大露天風呂源泉(いずみ)」があります

28畳ほどの広さがあり

浴底には黒部川の天然石を敷き詰めています。

通常(日帰り入浴9:00~16:00)は混浴となっていますが

夜には宿泊者向けに女性専用時間が設けられているのが嬉しいですよね♡

また、女性専用露天風呂「天女の湯」もあり

こちらは逆に、普段は女性のみが利用できるお風呂ですが

夜には男性専用時間が設けられていますよ

夕食までの間

24時間利用可の内風呂と女性専用露天風呂・天女の湯

ゆっくりとくつろぎました

宇奈月温泉には何度か泊まったことがありますが

宇奈月温泉の源泉である黒薙温泉も、もちろん

お肌がツルツルすべすべになるお湯でしたッ


さて、お待ちかねの夕食の時間です♪

今晩のお献立はこちら


まさに山の中の一軒宿

岩魚の塩焼きを始め

山で採れた山菜などをふんだんに使用したメニューです

山菜は春に収穫したものを保存し

シーズンを通して提供するそうですよ♪


わたしが一番楽しみにしていた岩魚の塩焼き

塩気が程良く、頭から尻尾の先までペロッと食べてしまいました♪

隣りのテーブルのお兄さんたちは

岩魚の骨酒(2合で¥1600)を別注文されていましたよ。

どんな味がするのかなぁ・・・


黒いお椀の中には‘の煮物’

特にわたしは緑の葉・あざみが気に入りました


天ぷらも揚げたてで登場ッ!

美味しいッ♡


写真には残っていませんが(笑)

なんといっても一番、美味しかったのがお米です!

地元・黒部産のコシヒカリ

お米が美味しいだけでなく、一緒に炊くおが美味しいからこそ

きっと、‘この味’が出せるんですよね♪

夕食後にもう一度、内風呂に入り

明日の朝、大露天風呂に入りに行こうと

この日は早々にお布団に入って就寝。。。




そのため翌朝は5時に目が覚めました(笑)

さっそく、楽しみにしていた大露天風呂へ~♪

旅館から大露天風呂までは徒歩数分。

脱衣所もありますので安心です!

開放的な露天風呂とそのあまりの広さにビックリ!

さすが28畳!!!

今までわたしが入ったことのある露天風呂の中で

一番きなお風呂でした

朝の長風呂を堪能した後は朝食の時間!


朝もやっぱり山菜とおが主役のお食事でした


朝食を終えると

黒薙温泉の名物?をこの日は特別に見せてもらえるということで

宿泊者全員で大露天風呂まで移動~♪

黒薙温泉のホームページやパンフレットでも紹介される

噴水のように吹き上がる迫力の

その瞬間がッ!

コチラッ!!!


ドーーーーーン!!!


皆さん、迫力に圧倒され、一歩も動けず・・・

源泉が噴出しているのでもちろん熱いお湯が出ているのですが

空気に触れたところから冷えていくため

地面に落ちたお湯を触ってみるとすでに、ぬるかったです。


ちなみにこれが大露天風呂「源泉(いずみ)」です

噴泉と合わせてどうぞ


しっかりと目に焼き付けたところで蓋が閉じられ

ショーは終了!

貴重なものを見せていただき、ありがとうございました
(普段は噴泉をご覧いただけません


黒薙温泉には今も豊富に湧き出る源泉が数ヵ所あるんですよ

宇奈月温泉郷に源泉が引かれているというのも

ですよね♪


とっても居心地の良かった黒薙温泉旅館とも

そろそろお別れの時間・・・・・

昨日歩いた道のりを黒薙駅へと戻ります♪


トロッコ電車が後曳橋にさしかかる瞬間を

カメラに収めようと時間調整をしていると・・・

ちょうど来ましたぁーーー

い橋に、オレンジ色のトロッコ電車が映えますよね

この先、紅葉が進むと更に素晴らしい景観になるのでしょう。


黒薙駅に到着したら

わたしも後曳橋とツーショット(笑)


宇奈月行きのトロッコ電車がやって来ましたよー♪

欅平発の始発便のため車内は空いていました。

宇奈月駅までの25分間

流れる景色を楽しみました


今回わたしが泊まった

黒薙温泉旅館では携帯電話が通じません

お部屋にテレビもありません

ですが、極上の温泉と美味しいお食事

そしてゆったりと静かに流れる時間を

楽しみたい方にとっては最適な場所ですよ


こんな休日もたまには良いものですね
📷10月12.13日撮影

立山ガール ⛄とも⛄

ブログランキング

にほんブログ村 アウトドアブログ 女性登山者・山ガールへ
ポチっとしていただけると励みになります!

立山黒部アルペンルート オフィシャルサイトへ